杉村富生の兜町ワールド

<WEBサイトに掲載されている情報について>

WEBサイトに掲載されているコンテンツに関しては万全を期しておりますが、内容や正確性を保障するものではありません。
また掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。
万一、掲載された情報に基づき被った損害について、筆者は責任を負いかねます。
最終的な投資の意思決定は、お客様ご自身のご判断でお願い致します。

NEWS&TOPICS

NEW 2018.07.23 「弱気のスギムラ」だって?冗談じゃないぞ!

いや~、ひどい話である。最近は「弱気のスギムラ」と呼ばれているらしい。しかし、筆者は別に、弱気ではない。リスク・マネジメントを徹底しているだけだ。パニック的な状況、安くなった局面は断固、バーゲンハンターになる、と宣言している。

 だって、そうじゃないか。安いところを買えない人に明日はない。この相場は、この場面において、ガンガンの強気になってはいけないと考えている。米中貿易摩擦の先行きが読めない。為替の円安進行が支援材料だが、いつまでもあると思うな親と円高!である。

 トランプ大統領はいつの日か、必ず「円安はけしからん」と言い出すに違いない。なにしろ、マッドマン・セオリー(狂人戦略)である。同盟国だって容赦はしない。現在は中国とドイツがターゲットになっている。その日その日の出来心が言動の基本である。この点には細心の注意が必要だろう。

 とりあえず、ジャストプランニング(4287)、ALBERT3906)、RIZAPグループ(2928)などがターゲットになる。なお、先日、名証IRフェアで名古屋に出張したのだが、宿泊したホテルの部屋番号が「2928」だった。いや~、RIZAPグループには縁がある。

NEW 2018.07.20 銘柄を絞り込み、小玉での投資を!

 難しい相場である。強い銘柄はトコトン強い。しかし、弱い銘柄は徹底的に売り込まれる。シェアリングテクノロジー(3989)、スマートバリュー(9417)、ソフトウェア・サービス(3733)、トレンダーズ(6069)、ALBERT3906)は前者の銘柄の代表的な存在だ。間違いなく実需筋の買いが入っている。

中国関連株は総じてさえない。やはり、米中貿易摩擦のダメージ(世界の貿易量が20%減少した場合、中国のGDP成長率を3.2ポイント押し下げ)を気にしているのだろう。関税引き上げの報復合戦はアメリカ、中国の双方に悪影響があるはずだ。NY市場は気にしていないようだが、このまま“無傷”というわけにはいかないと思う。

だからこそ、ここは利食い優先(売上がり方針)、小玉での投資、銘柄を広げない戦術が有効と主張している。そう、得意な銘柄にマトを絞ることだ。筆者の場合、それは青山財産ネットワークス(8929)、スマートバリュー(9417)、ジャストプランニング(4287)、RIZAPグループ(2928)である。

テーマ的には引き続いてスマホ決済、eスポーツ、仮想通貨、インフルエンサー、チャットボット、量子コンピューター、働き方改革、IoTなどに注目できる。

CABRIC、Society5.0なども本番を迎える。このためには人材教育(エドテック)が不可欠となろう。なにしろ、日本の大学は理系の学生が全体の17%と少ない。IT技術者は絶対的に不足している。

NEW 2018.07.19 講演会情報を更新しました!
講演会情報を更新しました。ぜひご覧くださいませ。
NEW 2018.07.19 日曜日の東京での投資セミナーのお知らせ!

 さくらインベストは722日(日曜日)、東京・KPP 八重洲ビル7階のRルームにおいて、投資セミナーを開催します。講師は仮想通貨交換業者Bitgate株式会社代表取締役の黒田真人氏、経済評論家杉村富生氏です。時間は午前10時~午後1210分となっています。暑くならない午前中に終了のするのは魅力ではありませんか。

 もちろん、入場は無料、だれでも参加できます。ただ、席には限りがあります。満員の折はご容赦を。お問い合わせは06-6347-1680まで。株式市場は戻りに転じていますが、今後の展望はどうでしょうか。ぜひ、ご参加を。

全般相場は個別物色の動きでしょう。杉村氏が当面の市況見通しを解説するとともに、夏相場での活躍セクター&注目株を紹介します。これは見逃せません。

テーマ的にはIoT、AIQRコード、全固体電池、インフルエンサー、eスポーツ、ブロックチェーンゲーム、ブロックチェーン、仮想通貨、自動運転、生態認証、エドテック、SaaSなどに注目しています。

なお、このところビットコイン(仮想通貨)市況は堅調です。これを受け、ファステップス(2338)、リミックスポイント(3825)、GMOフィナンシャルHD7177)など仮想通貨関連株が買われています。特に、GMOフィナンシャルHDは出遅れていますね。

抜群に強いのは駅探(3646)、ジャストプランニング(4287)でしょう。強力な手が介入しています。玉をすっかり吸収されてしまいました。シェアリングテクノロジー(3989)もそうですが、意外な上値が見込めそうです。RIZAPグループ(2928)は今月末割当の12の株式分割の権利取りが有効です。

NEW 2018.07.18 決算数字に振り回される株式市場!

 決算数字に振り回される展開となっている。717日にはストップ安が4銘柄あった。IGポート(3791)、ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)、ネクスグループ(6634)、ベイカレント・コンサルティング(6532)がそうだ。すべて決算悪である。

この季節は46月期(第1・四半期)の決算発表が始まる。この結果、予想外の株価の動きが出現するケースがある。やはり、TIS3626)、オロ(3983)、ALBERT3906)など業績面に不安のない銘柄を攻めるのか得策だろう。

イー・ガーディアン(6050)、オプトラン(6235)は好業績なのに急落した。これは利食い急ぎに加え、大幅安→ロス・カットが発生したためと思う。スマートバリュー(9417)はジリ高だ。安値ゾーンの銘柄には買い安心感がある。システムインテグレータ(3826)、UUUM3990)、古野電気(6814)は好業績が際立っている。

2018.07.17 株式市場だけがこんなに元気で良いのだろうか?

 集中豪雨に続いて、猛暑である。これはたまならい。被災された皆様に、心より御見舞いを申し上げたい。熱中症にはくれぐれもご用心を。一方、株式市場はすこぶる元気だし、熱くなっているが、こんなことで良いのだろうか。

 トランプ大統領の暴走は止まらない。本気で阻止しなければ、世の中はメチャクチャになってしまう。逆に、政治的には中国の存在感が高まっている。アメリカとロシアが接近した場合、その脅威が高まるのはヨーロッパだ。ドイツのメルケル首相が「日本に、NATOに加盟してくれないか」と言っているのは危機意識の現われだろう。

 FANGの一角、ネットフリックスの決算は悪かった。ここは個別物色方針が有効だ。売買代金はいまひとつ盛り上がらない。ここは好業績、かつテーマ性内包のネオス(3627)、UUUM3990)、システムインテグレータ(3826)、ラクスル(4384)を攻めようじゃないか。万一、高値づかみとなっても押し目は買える。

2018.07.13 ラジオNIKKEIからCDマガジンのお知らせです

「杉村富生 月刊株式CDマガジン7月号

チャンス到来!安いところを買って、高いところを売る

                                      ~これが株式投資の極意ぞッ!

7月18日(水)発売!

CD価格:7,560円(本体7,000円、税560円)送料が別途かかります

このほか、割安価格とお得なレター特典がついた

「定期購読コース」もございます

毎月のCDマガジンのお届けはもちろん、

期購読だけの特典として、第1・第3水曜日には、

7月は11日、25日になります

また、ラジオNIKKEIが発売するCD・DVDなどの商品が

10%割引・送料無料でお求めいただけるサービスもございます!

定期購読=6ヶ月36,000円、1年66,000円(税・送料込み)

レター情報は月2回発行(レター情報が読めるのは、定期購読だけの特典です)

受付電話番号03-3595-4730 ラジオNIKKEI 通販ショップさうんろーど(営業時間
月~金10:0017:30祝日を除く)または、「ネットショップさうんろーど」をご覧ください 

URL http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=133068365

2018.07.13 ゴゴジャンから杉村富生投資サロンのお知らせです

ゴゴジャンから杉村富生投資サロンのお知らせです。

ぜひご覧くださいませ。

URLhttp://fx-on.com/adviser/detail/?id=14150

2018.07.13 コンスタントに“利”を得るためには…?

 株式投資において、コンスタントに“利”を得るためにはどう行動すれば良いのか。それを50年間、ずっと考えてきた。“実践”を交えてである。多くの先人達の教えも受けた。しかし、この世界は難しい。各人各様、欲がからんでいるだけに、なおさらである。

 小心者の筆者には名人の域に到底たどりつけそうにない。ただ、個人投資家応援団長(自称)の筆者としては精進あるのみ。ひたすら努力を重ねている。

 成功の秘訣というか、ヒントは銘柄を絞り込むことだ。新しい銘柄が次々と出てくるが、それを片っ端から仕掛けていてはいずれ大きくやられるだろう。

とにかく、どんなに「面白そうだ」と思ってもすべての銘柄を狙ってはいけない。筆者が青山財産ネットワークス(8929)、スマートバリュー(9417)を繰り返し取り上げるのは企業内容、株価の動き、業績動向などを熟知しているためだ。なにしろ、もう78年、両社を追いかけている。どこが買い場か、売り場なのか、良く判る。

仕掛けのタイミングも大切だ。長期・逆張りの場合、いかに安いところを拾えるか、これがポイントになる。KIHD(6747)は旧小糸工業だ。2008年に、データ偽装トラブルを引き起こして以来、10年が経過した。業績は急浮上に転じている。2年以内には復配が可能となろう。

株価は22日に、614円の高値をつけた。3場銘柄(修羅場、土壇場、正念場を経験した企業)として評価されたのだ。その後の安値は628日の410円である。現在は430円~440円の水準でもみ合っている。600円前後を買った投資家がいると思う。安いところとはこんな局面だ。もちろん、長期・逆張りは時間がかかる。

先人は、高級魚(タイ、ヒラメ)は底に近いところにいる、という。水面近辺(高値圏)にいるのは雑魚(ザコ)だ。もちろん、イワシ、サンマはおいしいし、体にやさしいが…。

京写(6837)の450円~460円、Oakキャピタル(3113)の200円がらみは仕込みのチャンスだろう。Oakキャピタルは22日に429円の高値がある。半値以下の時価水準は文句なしに買いではないか。

もちろん、こんな銘柄はいつ上がるのか、誰も分からない。株価の動きは神のみぞ知る、である。しかし、6ヶ月以内に利食えると思う。株価にはリズムがある。株式投資でうまくいっていない人は仕掛けのタイミングと株価のリズムが逆になっている。

すなわち、値動きにつられ、天井を買って、大底を売るパターンだ。単純な話である。テクニカル、およびファンダメンタルズをチェックし、安いところを買えばいいではないか。しかし、これができない。なぜか。まあ、外部環境に影響を受けすぎるのだろう。

さて、IPO銘柄ではMTG(7806)を軸に、ZUU(4387)、エーアイ(4388)に注目できる。一方、主軸株ではエーザイ(4523)、中外製薬(4519)に妙味あり、と判断する。小物ではHEROZ(4382)、Olympicグループ(8289)、シェアリングテクノロジー(3989)が抜群に強い。RPAHD(6572)は出遅れている。

2018.07.12 ソフトバンクなど3社が日経平均株価を120円押し上げ!

 全般相場(日経平均株価、TOPIXなどのインデックス、および主軸株)については再三指摘しているように、“夏枯れ”の状態が続くだろう。そう、78月の株式市場には期待できない。これはここ数ヶ月、筆者が一貫し主張してきたことだ。こんな現場環境下ではいかに、資産を守るか、それを最重要項目として考える必要がある。

トランプ大統領の暴走は止まりそうにない。米中貿易摩擦→通商問題は激化の一途をたどっている。貿易戦争はいずれ通貨戦争に発展するだろう。足元の為替は1ドル=112円台に突入、株価を下支えしている。だが、安心はできない。そのうち円安がやり玉に挙がるだろう。

主軸株(輸出企業)の多くは2018年度の想定為替レートを100105円に設定している。現状では増額修正の可能性があろう。ただし、為替に関しては、経営者はみんな保守的だ。46月期(第1・四半期)決算の発表時に、業績予想を見直すことはないと思う。

なお、想定為替レートを100円に設定しているのはコマツ(6301)、日本電産(6594)、ファナック(6954)、105円は日本ガイシ(5333)、日立(6501)、パナソニック(6752)、TDK6762)、村田製作所(6981)など。まあ、円高対応力は強固になっているが…。

MTG(7806)の社名は社長の松下剛(まつしたつよし→MT)にグループ(人脈)をもじったもの。単純といえば単純だが、サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手、歌手のマドンナさん、スケートの浅田真央さんなど著名人が経営に参画(商品開発のパートナー)している。

ロナウド選手、マドンナさんの両名はストックオプション(行使価格925円)を各324000株(利益は21億円超)分保有している。大株主である。

一方、12日の株式市場は反発している。しかし、ちょっとイレギュラーのような気がする。なにしろ、ソフトバンクグループ(9984)、ファーストリティリング(9983)、エーザイ(4523)の3銘柄だけで日経平均株価を120円ほど押し上げている。

大手投資ファンドのタイガー・グローバル(アメリカ)はソフトバンクグループの株式を取得(10億ドル)、エーザイはモルガン・スタンレーの目標株価引き上げ(15400円に)が材料にされているが、週末のSQを控え、何か意図的なものを感じる。

IPO銘柄ではMTGに加え、エーアイ(4388)、ZUU(4387)が「そろそろ買い場」のタイミングに近づきつつある。新しい銘柄では725日に、東証マザーズに上場するGA technologies(3491)に妙味があろう。

中古不動産流通プラットフォーム「リノシー」の開発・運営を手掛けている。AIを活用、投資価値の高い物件をピックアップする仕組みを構築、急成長中だ。201810月期の1株利益は105円と予想されている。

2018.06.14 ラジオNIKKEIからCDマガジンのお知らせです

「杉村富生 月刊株式CDマガジン6月号

波乱相場でこそ、真価が問われる!これが勝利の方程式

6月20日(水)発売!

CD価格:7,560円(本体7,000円、税560円)送料が別途かかります

このほか、割安価格とお得なレター特典がついた

「定期購読コース」もございます

毎月のCDマガジンのお届けはもちろん、

期購読だけの特典として、第1・第3水曜日には、

杉村さん執筆のレター情報をお送りします!

6月は13日、27日になります

また、ラジオNIKKEIが発売するCD・DVDなどの商品が

10%割引・送料無料でお求めいただけるサービスもございます!

定期購読=6ヶ月36,000円、1年66,000円(税・送料込み)

レター情報は月2回発行(レター情報が読めるのは、定期購読だけの特典です)

受付電話番号03-3595-4730 ラジオNIKKEI 通販ショップさうんろーど(営業時間
月~金10:0017:30祝日を除く)または、「ネットショップさうんろーど」をご覧ください 

URL http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=132201045

2018.02.22 プロフィールを更新しました!
プロフィールを更新しました。新刊の書籍を追加しました。ご覧いただけますと幸いです。
2018.01.31  新著「新成長株で勝負せよ!」が重版になりました!

 新著『東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!』~時流に乗る有望銘柄が富を生む~(すばる舎)が重版になりました。増刷出来日は2月5日です。

  昨年末の『株は金銀銅銘柄で完勝だッ!』の第2弾です。自分で言うのも何ですが、第1弾はヒット銘柄が続出しました。なにしろ、取り上げた銘柄のうち、上昇率100%以上が19銘柄、上昇率60~99.99%が25銘柄、上昇率40~59.9%が25銘柄という好成績だったのです。

 やはり、テーマ性を有する元気な小物は“元気”だったということでしょう。2018年もこの流れは基本的に変わりません。今回は特に、“新”成長株にマトを絞っています。もちろん、テーマの選択、研究は重要です。それについても徹底的に触れています。ご高覧頂ければ幸いです。

序章  大ヒット続出!「金銀銅」メダル候補銘柄 第1弾!

第1章 現状を正しく認識し、リスク・マネジメントを徹底せよ!

第2章 有望テーマ&世相にカネを乗せる!

第3章 富を生む”新”成長株投資!

第4章 2018年相場の展望と「市場別」メダル候補銘柄 第2弾!厳選12銘柄

http://www.subarusya.jp/book/b333380.html

東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!

  著者杉村富生


2017.12.29 新著「新成長株で勝負せよ!」好評発売中

 新著『新成長株で勝負せよ!』~時流に乗る有望銘柄が富を生む~(すばる舎)が好評発売中です。昨年末の『株は金銀銅銘柄で完勝だッ!』の第2弾です。自分で言うのも何ですが、第1弾はヒット銘柄が続出しました。なにしろ、取り上げた銘柄のうち、上昇率100%以上が19銘柄、上昇率60~99.99%が25銘柄、上昇率40~59.9%が25銘柄という好成績だったのです。

 やはり、テーマ性を有する元気な小物は“元気”だったということでしょう。2018年もこの流れは基本的に変わりません。今回は特に、“新”成長株にマトを絞っています。もちろん、テーマの選択、研究は重要です。それについても徹底的に触れています。正月休みにぜひ、ご高覧頂ければ幸いです。

序章  大ヒット続出!「金銀銅」メダル候補銘柄 第1弾!

第1章 現状を正しく認識し、リスク・マネジメントを徹底せよ!

第2章 有望テーマ&世相にカネを乗せる!

第3章 富を生む”新”成長株投資!

第4章 2018年相場の展望と「市場別」メダル候補銘柄 第2弾!厳選12銘柄

http://www.subarusya.jp/book/b333380.html

東京オリンピックまであと2年 新成長株で勝負せよ!

  著者杉村富生



2017.12.29 雑誌掲載のお知らせです(2017年12月)

新聞、雑誌、WEB掲載一覧です。ご高覧いただけますと幸いです。

〇夕刊紙 「日刊ゲンダイ」火曜日、水曜日、木曜日掲載

〇雑誌

12月号好評発売中!

『株主手帳』「マーケットレター」(青潮出版:毎月17日発売)、

毎週月曜日好評発売中!

『週刊商品データ』「杉村富生の株作戦」(商品データ)

MONOQLO the MONEY vol.3』[モノクロ ザ マネー](晋遊舎:1216日発売)

 WEB


 日刊ゲンダイDIGITAL「杉村富生の富を生む新成長株」


https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3020/93

「株探」 「珠玉の相場コラム」「杉村富生の短期相場観測」

https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201712240018

2017.12.28 著作物情報を更新しました
著作物情報を更新しました。ぜひご覧ください。
2017.12.01 新刊のお知らせ『新成長株で勝負せよ!』

新刊『東京オリンピックまであと2年新成長株で勝負せよ! 』

が12月24日に発売される予定です!

お手にとっていただけますと幸いです。

http://www.subarusya.jp/book/b333380.html

2017.06.09 今週から日刊ゲンダイに連載が始まりました
  今週から日刊ゲンダイに連載が始まりました。火曜日、水曜日、木曜日掲載です。ご高覧いただけますと幸いです。
2017.03.10  新刊『株は“金銀銅”銘柄で完勝だ!!』のお知らせです

 弊書『東京オリンピックまであと3年 株は“金銀銅”銘柄で完勝だ!!』が株式会社すばる舎より2016年12月23日発売されました。全国の書店で発売中です。お手にとっていただけましたら幸いです。すばる舎の今月の売れ行きベスト10に入っております。

ドナルド・トランプ次期アメリカ大統領を歓迎する未曾有(みぞう)の猛反騰相場が展開されています。このチャンスをみすみす逃してはなりません。
 今回の猛反騰相場をいち早く予測した筆者が相場展開(デッサン)を示すとともに、注目セクター&活躍株が満載されています。主な内容は以下の通りです。筆者は東京オリンピックまであと3年、個人投資家待望の『おもてなし相場』が到来!と主張しています。

http://www.subarusya.jp/book/b266984.html